読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛車日記#2

愛機S2000AP1が冬眠して約1ヶ月。焦がれてしまいます。冬はもう乗れないものだと諦めて、スタッドレスさえ買っていません。まあその判断は正解なんですが、どうしても乗りたくて。

天気と気温を見てみると、曇りで氷点下にはならないことを知り、よし行くか。ノーマルタイヤへの不安よりも愛機への思いの方が勝りました。

ガレージで約1ヶ月ぶりに火を入れます。バッテリー大丈夫かな…。セルを回し、クラッチを踏みながらプッシュスタート。不安を打ち消すかのようにF20Cが吹け上がります。

こうなったらもう楽しくて。ガレージを出てギアを上げて…もう楽しくて。そういやオイル交換がそろそろだなと、ドライブがてら従兄弟のいるディーラーへ。

1ヶ月ぶりの愛機はやはり運転に余裕など与えてくれないじゃじゃ馬ぶりで。キレッキレでした。踏めばどこまでも延びていくような加速とシビアなハンドリング。固い足回り。どれをとっても余裕なんて与えてくれません。そのため車を運転する喜びを感じさせてくれます。

片道約20分の所にあるディーラーへ行き、オイルとエレメントの交換をお願いします。受付してくれたお姉さんが待ち時間にコーヒーを持ってきてくれました。どうやら従兄弟はお休みのようです。いつもお世話になっているだけにちょっと残念。コーヒーをすすります。

さて、オイルとエレメントの交換が終わりました。めちゃくちゃ安いです。申し訳なくなるくらいですが、ありがたく恩に着ます。

さあ帰ろう。愛機はご機嫌。私もご機嫌です。ソリッドな乗り味もどこかマイルドになった気がします。雪が降ればまたこいつともしばらくお別れです。ガレージに着くと寂しさがあります。しかし仕方ありません。ガレージに愛機を入れてキーを抜きます。お疲れさん。また頼むわ。

 

おしまい


f:id:on3off7:20170129164341j:image

S2000 AP1 H29.1.29

 

f:id:on3off7:20170129164400j:image

50%off

晴れ

土曜日。天気、晴れ。冬の合間にはめずらしく青空が広がる一日となりました。

午前中は掛かり付けの病院へ行き、診察と薬をもらって。まあいつも通りなんですけど、体調は悪くないし、天気がいいのもあって気分もいい。遅めの出社となりました。

冬の間は土木はどこも仕事がなく、稼ぎ時の貯えを切り詰める厳しい時期です。県や市の土木の入札は物件自体少ないし、どこも叩き合いで利益なんかでません。それでも食いつないでいくために仕事をするしかないんです。

そんな厳しい状況なんか知る由もなくいい天気。冬の青空は澄んでいて気分がいいです。

何の気なしに空を見上げると飛行機雲が。空の青さと相まって思わず見とれていました。

あの飛行機はどこに行くんだろう。雲を引きながら彼方へ飛んでいく飛行機は何というかロマンを感じます。

それからしばらくして、また飛行機が青空に白線を引いていきます。きれいだ。口には出さないけど、たまらなくきれいでした。とまあ、現実逃避の土曜日の昼下がり。西日が眩しい。

 

おしまい

 

いろいろ#2

自分がただのバカだと気づいた。別に今に始まった事じゃないけど、ここ最近の日々を振り替えって、ああ、バカだなって。それが今日一気にきた感じがする。

これが今の自分の器量だと割りきればそれまで通りバカのままでいい。でも世間はそんな甘いもんじゃない。当然バカは弾かれる。弾かれたバカはどうしようもなく淘汰される。なんせバカだからな。

そして今の自分を正すことよりも言い訳を考える。自分はバカじゃないと言い張る。そんなものに何の意味がある?バカを公言しているだけだ。

バカは酒を飲む。酔うという一時の快楽のために飲めない酒を飲む。そして快楽に身をゆだね、風呂にも入らずに寝る。そして考える。いつからこうなったと。いつから自分はこんな下らない男になったのかを考える。そんなものに答えなんぞない。あるのは今の自分はバカで惨めな男だという事実だけだ。

バカは日記を書く。書く事で気分が和らぐ自分がいる。オレは文章を書くのが好きだ。

 

おしまい

暇を持て余す

正月休みが終わり、三連休中日日曜日。まあありがたいけど、正直なにもすることがない。そしてなにもしたくない。

連休前に風邪を引いてしまい、風邪と共に休日を過ごすはめに。30過ぎて感じるのは大げさにいうと、死に近づいていることを実感することがある、という事。

風邪で寝込むなんて昔は考えられなかったし、風邪を引いてもすぐに治った。でも今は風邪を引きやすく、症状も重くなった気がする。これ完全に衰えてるでしょ。死に近づいてるでしょ。

こんな終わり方しょうもないけどダルくなってきたのでこれまで。

 

おしまい

仕事の合間の息抜き

挨拶が遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

とまあ、正月三ヶ日も終わり日常がスタートしました。

仕事の合間の息抜きってすごい重要だと思うんですよ。突然ですいません。でも仕事の合間に何をするかで気分が全然違うということを最近発見したんです。これはいいと思いまして、ちょっと紹介したいと思います。

私がおすすめするのは読書です。そんなの家でやりなさい、という空気があるかもしれませんが、私は職場でこそ読書をすることを会社で進めるべきだと思います。まじで気分が全然違います。

休憩時間にちょっと本を読むとなんかリフレッシュできるんですよね。自分でも驚くくらい気分が楽になります。私もまだ始めたばかりなんですが、これはいいと。休憩時間に本を読むことによって、仕事できそうな空気が出ているかもしれません。

まあそれは置いといて、何でもいいんです。できれば仕事と関係のない本を読むのがいいかも。ちなみに私は半沢直樹シリーズを読んでいます。面白いです。そして気分もリフレッシュ。ぜひ続けたいですし、皆さんにもおすすめの仕事の合間の息抜きですね。

 

おしまい

逃げるは恥だがなんとやら

最近流行りのドラマに乗ったわけではありませんが、ちょっといいなと思ったもので。結局乗るんかい、なんて突っ込みはご愛敬です。

逃げるは恥、確かにそうです。だってカッコ悪いもん。しかしながら逃げることをしない生き物なんていません。簡単に淘汰されてしまいます。つまり逃げるということは生き残る術なのです。恥とは生き残ったものだけが過去を振り替えって言える、言わば生き延びた証なのです。つまり恥とは生きた証。決して誇らしく語ることなど出来ませんが、生き残る術であるのは紛れもない事実です。

事実から目を背けてはいけません。死にますから。逃げるは恥だが生き残る術であるという事実。ここで気を付けなければいけないのは、逃げるのなら恥をかくという覚悟が必要だということです。覚悟があるなら大丈夫。なんだってできます。

なんだってできる…おかしいな。話が対極してきましたね。逃げるは恥だがその事を覚悟したものはなんだってできる?うむ…。覚悟か。

できるなら逃げることよりも覚悟を持ちたいものですね。

 

おしまい

 

師走 序章

早いものでもう12月になりました。12月といえばやはりクリスマスから始まる大型イベントが集中する月ですね。会社や友人同士で忘年会をやったりする人も多いんじゃないでしょうか。

しかしながらクリスマスの存在のでかさには毎年心踊るというかソワソワしますね。

まあオレ彼女いないんですけど。

今年のクリスマスは暦の配列のお陰で3連休にあるんですね。ここで気になるのがこの好条件でいったいどれだけの男が苦労するかという点ですよ。

3連休にクリスマスがあると思うと女の方も期待膨らみますからね。それに応えなきゃあいけないというのはなかなかのプレッシャーですよ。

ディズニー?USJ?もうこの辺りは定番過ぎて使えません。じゃあどうする?

わかりませんよ。彼女いないオレなんかに聞かないでくださいよ。

まあそういったわけで、悩むのも楽しみのうちなのかなあと。クリスマスであれこれ悩んでみたいっすわ。いや~羨ましい。

 

おしまい